格安出張パック・ビジネスパックの魅力

今年開園30周年を迎える日本最大の総合テーマパーク東京ディズニーランドを商品にした航空券とホテルをパックにした格安商品を多数取り揃えています。

格安札幌大阪福岡発の東京ディズニーランドツアーだけを厳選して集めたサイトがオープンしました。

経営母体となるオリエンタルランドは節目となる30年を迎えて、様々な企画・イベントを計画しています。

日本国内での主なテーマパークではUSJ・ハウステンボスが挙げられますが、他にも志摩スペイン村等たくさんの施設が今までに

建設されてきましたが、その殆どが赤字を出し黒字転換出来ないまま、閉園へと追い込まれています。

それでは、何故ディズニーランドだけが30年間も入場者を増やし続け、今も尚愛されているのか?そこには他社にない部分がたくさんあります。

先ず、常に新しいアトラクションを導入し続けている事です。1機億単位のアトラクションを入れてマンネリ化を防ぎ、魅力を維持している。

次に、子供たちを楽しませてくれるパレードがあり、華やかである。

そして、何と言っても永遠のアイドルであるミッキーマウスの存在である。世界中で愛されているマスコットなのです。

ミッキーマウス以上のキャラクターは世界中探してもいないでしょう。

ソフト面においても、目を見張るものがあります。常に園内はキレイに清掃されており、ごみ一つ落ちていません。ごみを拾う時のスタッフの仕草も洗練されており

笑顔を忘れず、動作もパフォーマンスであるとのプロ意識が徹底されています。

すなわち、園内では常に楽しさいっぱいの非日常異次元空間を体験させてくれ、夢を与えてくれるのです。

だからこそ、30年間もたくさんのファンに指示され、来園者の80%がリピーターで占められるという実績を残せるのです。

来園者が増える~売上が上がる~儲かる~新たな投資が出来る~また来園したくなる。

この繰り返しを30年間続けているのです。

また特筆べき点があります。それは、世界中で4カ国にあるディズニーランドの中で、ウォルトディズニーの資本が入っていないのは東京ディズニーランドだけです。

その東京がこれだけの成功を収めているのは、欧米の本場ディズニーに少しでも追いつこうとして企業努力を続けたのは勿論の事、日本人特有の几帳面さ、心遣いに一因があると言われています。

ディズニー本社が東京ディズニーリゾートの成功を悔やんでいるという話です。こんなに上手くいくのなら、資本参加しておけば良かったという事なのでしょう。

しかし、30年前に千葉のど田舎に作っても、成功する筈がないと思ったはずです。東京の人間も皆何故千葉に?と声を挙げ行きたいとも思いませんでした。

でも、そのスケールの大きさに誰しもが惹かれ、魅了されそして、行く度に違う顔を見せてくれる新鮮さ・演出に感動を覚え、リピーターが増えてきたのです。

そして、ランドの隣にシーという大人向けのテーマパークを併設し、これもまた大人気を博しているのです。

特に、シーは園内でアルコールが飲めると言う大人の男性にはこの上なく嬉しいサービスとなっています。何故ならば、ランドの園内ではアルコールが禁止

されていたからです。

酔っ払った大人が園内の風紀を乱し、お子様や家族連れに迷惑となる事を恐れて規則を作ったのです。

また、直営のホテルの経営にも乗り出し、ディズニーランドホテル、アンバサダーホテル、ホテルミラコスタと趣向を凝らした施設を開設し、予約を取る事が

困難な状況に至るまでの人気を得ています。

新しく設置された園内を走るモノレールも、便利な乗り物としてシャトルバス以上に重宝がられています。

そんな夢の国東京ディズニーリゾートへの旅をご案内しています。

 

格安出張パックの魅力

飛行機とホテルをパックにした商品です。通常の航空券とホテルを別々に手配した場合に比べると最大で70%程度安くなります。

申込期間も出発日の前日から起算して10日目までなら予約が可能です。

また、取消料も21日前からしかかからないので、早めに予約だけして、後からキャンセルする事も出来ます。

取消料も20%からの設定なので、割と安く済みます。また各航空会社のホームページ上から予約・検索が出来、操作も簡単です。

以前と違い、航空券の形態ではなく搭乗券引換券なので、有価証券ではない。

従って、最悪引換券を紛失・消失、又は忘れてきても搭乗手続きが出来る所謂チケットレスなので、非常に便利である。

ホテルもクーポンではないので、名前を告げるだけでチェックインが出来てしまう。携帯電話で全てのチェックイン・マイル管理が出来る。

料金面を見ても団体運賃よりもはるかに安い運賃設定である。団体は5名以上の人数が必要であり、搭乗券に氏名が明記されない為、

マイルも貯めることは出来ないのに対して、パック商品は1名から利用出来て、マイルを貯める事も出来、しかも安いのです。

最近は、ANA、JAL、SKM等の航空会社を利用した様々な商品が発売されています。

10年前までは、割引航空券・ビジネスパック・出張パック等の商品もなく、6枚綴りの路線専用の回数券というものが存在していました。

同一路線を複数回利用される個人・企業にはお得な制度でしたが、割引航空券の普及につれ、廃止となりました。

今では出張向けの専用割引運賃で、ビジネスキップというANAカード会員専用割引運賃があります。

ANAカード会員である同一人物しか利用できませんが、予約の変更も可能な2枚キップです。

割引運賃は常に新しい商品が開発され、利用者の利便性を追及したものへと変化しています。

話はそれましたが、様々な個人型のパック商品が発売されています。

宝塚の観劇・歌舞伎座の公演・プロ野球の公式試合等のチケットを組み込んだ様な特殊な商品も多数導入されています。

ビジネス・観光目的の商品が多いのですが、家族・若者に人気の東京ディズニーランドへのパック商品も多数発売されています。

また、沖縄・北海道・USJ等の人気観光地は一年を通して申込が多いようです。

2大勢力のANA・JALの商品が主力になりますが、2社共に常にライバルとして競争している為、常に安い商品が発売される。

この点は利用者側にとっては、大変嬉しい事である。但し、常に代金改訂版や安価商品が不定期に発売されるので、常に

商品発売情報に敏感になり、情報入手に心がけないと、高い方を予約してしまう可能性があるので、日頃から注意をするべきである。

一旦予約した後に、廉価版が出た場合には、旅行代理店に連絡して、予約の取り直しをお願いしてみればよい。

但し、21日前まで出ないと、取消料が発生するので、その点には注意されたい。

 

出張パックの主なメリット

1.例えば東京札幌出張パックの方が航空券単独手配よりも安い

2.仮予約が出来るので、とりあえず予約して後から取り消せる。取消料は21日前までは発生しないので、検討する時間がある。

3.飛行機が飛んでいる路線には必ずパック商品が設定されている。(与論島・喜界島・奄美大島等の離島でも設定がある)

4.マイルも半分ではあるが貯める事が出来る。

5.事前座席指定も自分で出来る。

6.WEBチェックインも出来るので、空港での手続きが簡素化されてストレスを感じる事がない。

7.目的地によっては、様々な特典が付いてくる。(空港での1,000円利用券、無料ドリンク券、朝食を昼食に変更可能等)

8.1泊のパックの料金で復路を最大で13日間延長できる。

9.ホテル利用日を旅行期間内の好きな日に設定出来るので、知人宅に泊まる等のアレンジも可能。

10.商品によっては、30日前・45日前等の早期予約割引があるので、更に安くなる。

11.1名から申込が出来るので、ビジネス・出張に最適である。

12.ご出発日の前日から起算して10日前まで申込が出来るので、間際でも格安で利用出来る。

13.ホテルを利用しなくても、構わないので、単独航空券と値段を比較してみよう。

出張パックの主なデメリット

1.出発の21日前を過ぎると、予約の変更・取消時には手数料が発生する。

2.飛行機とホテルの両方が予約確保出来ないと、商品の予約が確定出来ない。

3.飛行機の席数が予め、決められている為、設定数が売れてしまうと、一般席では空席があってもパックでは満席で予約が取れない場合が多い。

4.出発と到着空港が同じでなければならない場合が殆どである為、周遊型の出張には向かない。

 

 

ディズニーランドディズニーシー | 世界のディズニーランド  |スカイツリーOPENピーチ就航 |ANAJALの戦い |宮崎の観光低迷  | 九州新幹線